【 青のフラッグ 】完結を祝して 読了レビュー

スポンサーリンク
漫画・アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
見出し

未だ体験したことのない青春漫画

読んで考える、『純愛』とは

『価値観・普通のこと』って?

KAITO先生から

現代社会を生きる人々へ

向けられたメッセージ

最終話のラストへ繋がる あなたの答えとは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青のフラッグ あらすじ

高校3年生

将来の進路に悩む時期に

出会った3人

彼らの様々な視点から

描かれる

甘く 苦しく 切ない日々

青春漫画の『純』愛物語

ここに開幕

ジャンププラスにて完結

2020年4月8日水曜日

全54話 ( 約2年連載 )

完結しました

当初は週刊連載でありましたが

隔週、月1連載となり

ジャンププラスでは

不動の人気を誇る

月1連載作品であったように

見受けられました

第1話からの伏線

第1話から話の構成

画力の高さ 言葉の表現

人の表情

本当に素晴らしいとしか言いようが

ありません

青春漫画で(少年ジャンプ)

ここまで惹きつけられるなんて

作者である

KAITO先生

ナニモノと思うほどです

主人公の問いかけの答えは

物語終盤

53話、54話で

綺麗に回収され

ラブストーリーという物語ではなく

純愛物語

まさにその通りな作品でした

青のフラッグのここが好き

画力の高さ

ジャンプで

連載されるからには

良い部分と

悪の部分は

読者に対し相当なインパクトを

与える必要があります

KAITO先生からは

正直与えられすぎました

塩梅が凄すぎ

もちろんラフな部分もあるけど

特に表情と背景については

右に出る人いるかなってくらい

最高峰の方だと思う

これ青春漫画ですよねと

疑うくらい

普通の事という価値観

常に価値観について

考えさせられました

読者を置き去りにしないように

あなたならどうする?

って感じが

散りばめられていて

その日の連載分にもよりますが

1ページめくるのに

ためらったり

深呼吸してから

読んでみたりと

画だけのページもあれば

なんだか心情が湧いてきたりと

漫画なのに

読み手としては

ありえないくらい

『 漫画じゃない 』

この作品ってナニ? と

思う日がなんどあったことでしょう

高校生活って繊細で大事

ひとり読んで振り返り

自分の人生にあてはめて

高校生活を思い出す

そんなにいい思い出ではなかったからこそ

それぞれの3人を応援したくなる

不思議な現象につつまれます

もしも

次の人生あるならば

きちんと自分らしく

高校生活を過ごせたらなと

思えました

そして

皆仲いいクラスに恵まれたい

いざこざなくね

時に選択を間違えても

正してくれる友がいる (男女問わず)

支えてくれる 助けてくれる

素晴らしいじゃないですか

慌ただしく毎日を生きている現代人に読んでほしい

青春って何だったかな

最近楽しいこと全くないな

考えることを

社会の大きな波や圧に揉まれ押され

忘れてしまった人

社会の歯車となり

毎日を懸命に生き続けている人

ちょっと1回

休憩がてらに

青のフラッグ を読んで

みませんか?

胸アツでとにかく話したい

とまでは語れませんが

友達や知人ではなく

家族や親しい兄弟姉妹(きょうだい) と

共有して

どう思ったか語りあってみては

いかがでしょうか?

意外にも わたしの場合

兄や姉ではなく

妹と話が弾むような気がしました

漫画情報 

2020年4月14日現在

全7巻絶賛発売中

最終8巻は

2020年6月4日

淡い期待ではありますが

最終巻に

数ページ書下ろしがあると

ファンとしては

めちゃくちゃうれしいです

アニメ化とも思いましたが

こちらは映画化(2部作でも嬉しい)

期待したい

漫画・アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hihumin29をフォローする
スポンサーリンク
奥さんは看護師。楽天ポイントで楽しく投資

コメント