車の維持費毎月予算化してるけど、当たり前ではないって?

スポンサーリンク
看護師妻
スポンサーリンク
見出し

田舎暮らしで必需品の車

地下鉄が無い田舎こそ車社会と言っても過言ではありません

1人1台は当たり前のため

毎月車費用の予算化を 新婚夫婦に警鐘と推奨します

スポンサーリンク

みんなの車に対しての価値観

田舎では1人1台当たり前 

維持費がかかろうとも 生活必需品であるため

街中移動手段として手に入れておかねばなりません

しかし生活必需品であるからこそなのか

みな車にかかる維持費に対して少しルーズな部分があると

私は思います

友達の家庭、親でも車検代や保険代、税金、消耗品部品等

その時その時の行き当たりばったりで

今度●●万円かかるから 支払いが大変

この前車に○○万円使ったから今月ピンチだなんて

日常茶飯事です

スポンサーリンク

そうなんです

急にお金を捻出しなければならない‼

のではなく

絶対にかかることを予想して毎月割で計算し

毎月予算化しておくことが重要なんです

車の維持費って何があるのか?

※田舎のため駐車場代はかからないことを前置きしておきます

※ガソリン代は別に予算を立てておきます

スポンサーリンク

自動車税

毎年納めなくてはならない税金

12か月で割りましょう

任意保険

入らない選択肢はありません もしもの時のために入っておきましょう

年払いで少し安く納め

12か月で割りましょう

車検

新車の3年を越えれば2年に1回

7年目に車検を受けた時の費用をベースに

24か月で割りましょう

ノーマルタイヤ

国産のしっかりしたタイヤを購入すれば

最低でも5~6年は使えます

最低の捻出として60か月で割りましょう

スタッドレスタイヤ

雪国必須のため交換サイクルは守りましょう

最低5年 仮にそれ以上乗れたとしてもスリップの危険大のため

命を守るために タイヤ交換しましょうね

60か月で割りましょう

スポンサーリンク

エンジンオイル・エレメント等

定期的に交換必須となる消耗品はリストアップして

12か月で割りましょう

軽自動車1台・普通車1台の毎月予算

我が家は軽自動車1台と普通車1台所持しており

上記にかかる費用をそれぞれ割り

時期購入積み立て分も合わせて

毎月3万5千円車維持費として積み立てております

年42万円プールできても 1年の絶対的支出もあるため 20~26万円残ればいいかな?

仮に残ったお金と翌年貯まる42万円足しても 車検が待っているため

2年計算で 40万残ればいいかなと思います

スポンサーリンク

次はタイヤの購入が待っているのため そのかかる分を定期的に差し引いていけば

毎月積み立てていたとしてもほとんど残りません

車検が安くて良かったなと思う時もあれば 部品交換推奨の時期に差し掛かれば

車検が高くなる時もあります

シュフ業に介入して

本気のシュフにはまだまだなれませんが

財布を一緒にして家計を共同管理することで

車2台持つことが どれだけお金がかかることなのか

車の維持費を見える化して良かったなとつくづく思います

仮に収入が多く車が大好きって人は

気にすることなくパパっと払うことが可能かと思いますが

一般世帯においては やはり車は高級品であること間違いないです

毎月維持費の予算を組めば ウエイトがめちゃくちゃでかいです

予算化していようがしていなくとも

家のお金が減ることは確かに一緒です

スポンサーリンク

しかし車のためだけに使っていい会計から支出することのメリットとしては

気持ちが全く違うという事です

渋ることがありません むしろ心地よいです そのために2人で準備していたのだから

タイヤを購入すること 部品を交換すること

エアコン修理 錆止め 保険 税金 等

車に関しては

イレギュラーに発生する事態が多すぎます 本当に。

看護師妻
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hihumin29をフォローする
スポンサーリンク
『奥さん』は看護師 ぶろぐ。

コメント