毎月2回はきちんと夫婦でお金の話をしよう(夫婦円満の秘訣)お金の話を常にオープンにできていれば夫婦仲は良好かつ未来はかなり明るい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
見出し

相手の貯金額はどうでもよく

お金の話が日ごろから

真剣にできているか

新婚時代からできていなければ

3年以内に必ず後悔する生活が待っている

スポンサーリンク

夫婦でお金の話できていますか

毎日一緒に過ごしていくうえで

愛情以上に

お金の話はかなり大切

いまあなたは

配偶者が毎月いくら

給料をもらっているのか

知っていますか?

給料明細を見たことがありますか?

相手にいくら貯金があるのかは

本当にどうでもよく

相手とお金の話を

面と向かって真剣に会話ができるか

新婚時代から

お金の話の関係性をきちんと

しておかないと

今後ありうる

給付金制度や

家計から大きな支払いがあったときに

かなり困ることになります

3年以内に処理しておかなければ

離婚問題に発展します確実に

お金の話ができている夫婦の良いところ

日ごろからお金の話ができていると

最大のメリットは

①共通の目標や夢が持てること

②急に大きな出費が重なっても

なんでも早急に解決できること

このふたつです

一見たったこれだけ

かと思うかもしれませんが

この2つに関しては

生きていくうえで起こりうる

ほとんどの出来事に当てはまるため

夫婦仲良好はもちろん

まずお金の話で

揉めることがありません

例を挙げて

ちょっとだけ考えてみましょう

親戚関係の結婚・葬儀・法事・その他お祝い事

上記のような

人生の出来事があるとします

ここで、どこからお金を支出するか

と話が出た時

夫婦仲良好だと即解決

家系から支出と、すぐ終わります

なぜなら2人に

関係している事であるからです

結婚 = 2つの家族が1つになる

これの真の意味

分かっていないと

どうして家系から

お金を出さねばならないのかと

一生かかっても理解はできません

スポンサーリンク

共通の夢や目標を持てる

夫婦仲良好であれば

共通の夢や目標を持つこと

一緒に何かを考える事ができます

例えば

1人の支出ではどうにもできないような事

家を買う

車を買う

大型家電を買う

赤ちゃん用品を買う

遠出の旅行(テーマパークや旅館宿泊)

1人では即決できないようなことも

2人で一緒に考える事が出き

結果的に

良い消費に繋がる場合が多いです

1人の偏った意見ではやはり

ブレまくるので

2人の協力は大切です

上記に係るものについては

必ず2人に関係するものなので

夫婦仲良好でないと

大きなお金を動かすシビアな話も

切り出すこと自体

疲れてしまいます

価値観のズレに結婚してから知ってしまったら

何でも軽症のうちに事を

済ませば

問題ってほぼ解決しますよね?

お金の話も一緒で

新婚時代に大方片付けておいておくことが

大切です

わたしってこういう風に考えている

というのを真剣に伝える事が出来れば

決して

お金に執着心ありすぎ

生活気にしすぎ、がめつい など

相手にドン引かれることはありません

もう一度言います

言いやすく、考えやすく

話し合いのできる時期は

ウキウキの新婚時代です

ラブラブな愛を育む時間に

確認するのも

実は最善の手段です

ずーーーっと

お金の話をほったらかしに

しておくと

いざという時に

超修羅場の大げんか

1番悲しいのは

どうして理解してくれないのか

『家が大変なのに。』

絶望感満載になってしまいます

離婚したくても

離婚できない状況に陥る前に

お金と夫婦仲は

常に良好を推奨します

お金って

実は魔性の生き物なんだよ

って切り口から

会話を始めてみるのも

おもしろいですよ

スポンサーリンク
看護師妻
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hihumin29をフォローする
スポンサーリンク
奥さんは看護師。楽天ポイントで楽しく投資

コメント