妻が夜勤。夫の行動パターンはこれだ

スポンサーリンク
看護師妻
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜勤があると大変じゃないってよく言われるけど?

看護師である妻は月に3~4回夜勤があり

2交代であるため拘束時間が長いです

1回の勤務で2日分一気に働く感じですね 15時~翌10時

友達とか実家親とかに夜勤明けの休みでね~

2人とも都合が合って今日は一緒なんだよねって説明する場面が多々あります

ここで必ずくる質問!

夜勤大変じゃない? 決まり文句のごとく何度も耳にします。同じ人に度々w

本人はもちろんのことですが

まさかの自分まで心配されます 最初は え!なんで?!と正直びっくりしましたが

最近はさらっと、そうね~夜寝れるのか朝起きれるかだけが心配だわ~と

これ以外本当に何もないんだよね

妻が夜勤の日=わたしも大変な日常である

ありがたいご心配問題はどうやら皆同じでこの概念はなくならないらしい

まだまだ男が進んで家事するっていうのが

良いことではないのでしょうか? なぞです

基本家事はできる人ができる時にしたらいいんです

食べることも 寝ることも 片付けも 掃除も 一人暮らしだったら

全部自分でするわけですから (好きな加減でほどほどにね)

妻が夜勤の日は懐かしき一人暮らし生活になるのです

家事プランニングも自由に組めるので 全部終わったらコーヒー湧かそうとか

洗濯物は出勤前に片付けようとか とにかく自由発想で案外楽です

夜勤が平日か休日かが問題

わたしの休日は基本カレンダー通りで

そのため看護師妻との休日が被る日が月に数回なもんです

上記の話は平日夜勤の話であり休日の夜勤は少しだけ工夫と配慮が必要です

例えば休日の土曜日~日曜日の夜勤だとすると

前日から準備が必要となる場合があります

夜勤の入りの日だからと言って出勤時間までしっかり寝るぞー‼

というわけにもいきません

人間普通の生活をしていると朝日が差し込んでくれば自動的に目が覚めてくるものです

時間を気にすればそわそわしだすし

腸の生活リズムを壊さないようにも考えなくてはなりません(便秘問題)

①別行動パターン お見送り編

土曜日の朝起床し、ご飯を共に食べ、洗濯物でもあれば干して寝る(看護師妻)

光が睡眠を妨害するため

わたしはどこかへ出かける(職場やカフェ、ドライブ、ショッピング等)

13時までには戻りお昼ご飯を共に食べ、お風呂(看護師妻)

14時過ぎお見送り‼ いってらっしゃい!

やはりハードな仕事であるためパートナーの見送りは凄く喜んでくれます

わたしも可能な限りは微量のエールを送り続けます

友達と予定があったり仕事であればでかけてしまうので朝はちゃんと共に起床し

リズムを整えなければなりません

②一緒に睡眠編 (生活リズムくずし注意)

あまり推奨はしませんが

わたしに全く予定が無ければ金曜日から夜更かし

目安は3時前後

そしてお昼頃まで共に睡眠~ブランチ~お風呂(看護師妻)

14時過ぎお見送り‼ いってらっしゃい!

これはこれで凄く喜んでくれて

それが仕事の活力になるのであれば共に過ごすのも悪くないです

自分自身滅多に夜更かしなんてしませんから妻を見送ったその日は

しっかり寝られるもんです 不思議

心配もされますがそれ以上に自由

なんとも言えない自由な時間が訪れるため

少しワクワクする自分もいます 

タイミングが全部自分の加減になるので自由時間をどうすればたくさん作れるか否か

そんなミッションを体験できたりもします

さらには滅多にないお一人様なので自分を見つめなおす良い機会にもなります

限られた時間であるためきっと誰でも有意義に過ごせるかな

わたしは、でかけるよりも時間に投資し

家に留まり、ブログの更新や不労所得についての考案、マイルの研究、スープ料理の試行錯誤等

主夫風なことをスローペースで行っています

看護師妻
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hihumin29をフォローする
スポンサーリンク
妻は看護師.com

コメント